リフォームする前の豆知識!トラブルを防止が大切です

リフォームする前の豆知識!トラブルを防止が大切だ!

 

リフォームする前に、どんなトラブルが多いのか検索してみました。

 

クレーム産業とまで言われているリフォーム産業らしいです。このトラブルが自分たちの身にも起きないように事前に防げるようにしたいものです。

 

特に一番多いトラブルが工事前や工事中や工事後などそれぞれの打ち合わせ不足の行き違いから起きるようです。工事が終わった後に解かる場合があるらしいです。

 

失敗を防ぐためにも、大きく分けて3点の注意点があるようです。まず1つめに工事前(打ち合わせ時)の注意点は、工事前にどれだけイメージが実際のものに近づけるか、作り手と側と同じイメージができているのかが大事なポイントのようです。

 

次ぎに2つめの工事中の注意点では、工事中にいかに快適に過ごせるかがポイントのようです。工事中のため、キッチンや浴室が使用不可能でそれがストレスとなる場合もあると思います。通常は業者が用意してくれるみたいですが、レンタルの場合もありますのできちんと確認を取ったほうがトラブルにならずに済みます。

 

工事中の追加変更は頻繁あるようなのでサービスなのか、金額がかかるものなのかその度に確認取ったほうがトラブルが防げるようです。そして最後の3つめの工事完了後の注意点は、工事完了時には必ず工事完了検査として見積書、打ち合わせ書と工事箇所の確認を業者と一諸に行うことがトラブルを防げるポイントです。

 

リフォームの成功に必要不可欠なことは、お互いの信頼関係がなくては実現しないのです。

リフォームの注意点について

リフォームする前の豆知識!トラブルを防止が大切だ!

 

リフォームは、持ち家に住んでいる人にとっては非常に重要なテーマの一つであるといえます。家というものは長く住んでいるうちに外壁やフローリング、キッチン、風呂場、トイレなど実にあらゆる部分が確実に劣化していくために、その不便を解消することが必要となります。

 

このような場合、家そのものを新しく建て直したり、家を売却して分譲のマンションを購入したり、賃貸のマンションやアパートの物件に住むといった様々な選択肢も考えられますが、せっかく自分がローンを組んだ家に対する愛着も次第に湧いてくることから、家の一部を修繕、改築することに踏み切る方も多いといえます。

 

そこで、どのようにリフォームを行うかといったことに頭を悩ませる人が多くみられます。その理由として、費用が高額になりがちであることや、信頼できる業者を探さなければならないこと、フロアの全体あるいは一部にどこまで手を加えるかといったこと、将来家を売却する際の価値などに関することが挙げられます。

 

まず、リフォームを行ううえで非常に重要なこととして、自分の要望をしっかりと聞き入れてくれ、あらかじめ費用の見積もりの明細書を提示してくれる業者を判断するといったことがあります。昨今の不況の折、業者も利益を出そうとすることから、自分の不要な部分の改築が知らず知らずのうちに行われてしまった、費用が後出しで次々と嵩んでいったとなどいうトラブルが後を絶ちません。

 

こうしたことから、いくつかの業者を訪ね、その中から自分の意思を尊重してくれる業者にお願いすることが納得のいく改築をする鍵であるといえます。

失敗や後悔をしないためには、複数の会社から見積もりをとろう!

リフォームは、どこの会社に任せるのかにより、50万どころか100万円以上違う場合があります。そりや、恐ろしい金額の差です。本当です。嘘とおもうなら、5社ぐらいから見積もりをとってみましょう。おそらく鳥肌が立つほどの金額の差に驚くでしょう。

 

もし、1社からしか見積もりをとらなければ、どうなっていたのか。冷や汗が出るはず。でも面倒なのが、複数の会社に見積もりをすること。良さそうなリフォーム会社を探す。そして電話する。5社に見積もりを依頼するとなれば、5回も同じ説明が必要です。これは大変です。

 

そこで利用したいのが、一括見積もりサービス。これは便利です。お金?無料です。本当です。見積もりサービスのサイトから一回入力するだけで、複数の会社に見積もり依頼ができます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る